社会との良好な関係づくりを支援する調査、分析、コンサルティング

賛否の理由:割り切れない気持ちを含めてコレスポンデンス分析

賛否と理由を問う質問

ある事柄に対する賛否と理由をたずねるアンケート調査において、

Q1.賛成ですか?   1.はい → SQ1へ 2.いいえ → SQ2へ

SQ1.賛成の理由は?
SQ2.反対の理由は?

といった形式の設問がよく見られます。
この形式は、賛成→その理由 反対→その理由 と、結果がシンプルに把握できる利点がありますが、今日的な課題には、そう単純に割り切れないものがあります。例えば、原子力発電所の賛否などによくある「不安だけどエネルギーの安定供給のためしぶしぶ賛成」といったものです。上記の方法では、単に、「賛成理由として安定供給に1票」となり、「不安」な気持ちが集計結果に現れません。

コレスポンデンス分析を使ってみる

このような、割り切れない気持ちを含めて分析する場合にも、コレスポンデンス分析が役立ちます。
上記の例に替えて、次のように質問してみます。下の例は、二酸化炭素の地中貯留(CCS)を利用すべきか否かと、その背景にある考えを問う設問です。

Q1.二酸化炭素の地中貯留(CCS)を利用すべきと思いますか
 1.そう思う 2.ややそう思う 3.どちらともいえない 4.あまりそう思わない 5.そう思わない

Q2.二酸化炭素の地中貯留(CCS)に対する意見・疑問

Q2の結果(MAならそのまま、FAならコーディングまたはテキストマイニング)をQ1の回答によりクロス集計し、その結果をコレスポンデンス分析したところ、下の図が得られました。

横軸は賛否、縦軸は考えの明確さを表しています。
それぞれの点の分布をみると、CCSに対する否定的な態度に強く関連していたのは、CO₂削減の必要性への疑問、貯留の妥当性・抜本的対策でないといった意見であり、安全性・環境影響,費用対効果、実現可能性等は、CCSに肯定または中庸の立場でも意見や疑問があるということがわかりました。ここから;

  • 反対でない人にも安全性・環境影響,費用対効果、実現可能性等についての説明を疎かにすべきではない。
  • さらに、反対な人の気持ちを動かすためには、必要性や妥当性などの理解も必要。

といったことが示唆されます。

よくある「反対派は危険だと騒いでいる」から「安全であることをアピールすればよい」といったことではなさそうですね。このように、単純な賛否で割り切れない、アンビバレントな感情などの存在なども、コレスポンデンス分析を使えば把握できる可能性があります。

参考:温暖化緩和技術としてのCCSの印象とリスク認知 日本リスク研究学会第27回年次大会講演論文集Vol.27, Nov.29-30,2014

株式会社ペスコ 社会環境研究室 TEL 03-3435-9588

PAGETOP
Copyright © 株式会社ペスコ 社会環境研究室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.