高浜原子力発電所の再稼働禁止の仮処分命令を取り消す判決が2017年3月28日に大阪高裁で下されました。これに対し、新聞各社は同判決の是非に対する自社の意見を社説で表明しました。この社説の内容に、各紙ごとの特徴が出ているのかを簡便なテキストマイニングにより分析しました。
読売新聞と産経新聞の2紙は「高浜原発運転の判決」そのものについて焦点を当てて論じている一方、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞の3紙は「福島の教訓を踏まえた規制基準」や「避難計画の策定」について焦点を当て論じていることがうかがえました。

記事へ